「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:仕事( 19 )

 

ふりー

ついに仕事フリーになりましたemoticon-0170-ninja.gif

色々と大変だったし、時間外も多かったけど、いい人達に恵まれて働きやすかったな~。

勤務最終日には沢山の方からプレゼントを頂きました。  なかでもカテ室の先生方からはデジタルフォトフレームを頂きまして、すごく欲しかったので感激~★


e0133203_15421886.jpg


e0133203_114485.jpg


お手製のアルバム?スクラップブックもありがとう! これ作るのに、随分と時間がかかったでしょう。 写真つきのワインもありがとうございます!



そして郵送でカテ室へ直接届いた、素敵なお花。


e0133203_15403078.jpg


さすが、女度が高いです!尊敬します。 彼女の勤務最終日に私が贈ったプレゼントは…
缶ビールとピーナッツでした…(涙)  先輩なのにすみません!


e0133203_15432161.jpg


次の職場でも、いい人と巡り合えるといいな。


       お疲れ~ 私っ!



今後は行けなかった英語のレッスンに行ったり、来週からはラスベガスへ行ったり、引っ越しをしたりと、結構多忙です。
[PR]

by ahiahi3 | 2010-09-22 15:44 | 仕事  

いつの時代?

ちょっと働き過ぎたので、仕事を辞めることにしました。

仕事を辞めるにあたって、まずは退職などの手続き。 退職届けを出さなければ、話しは進みません。

重い腰を持ち上げて、二日酔いの朝に書き上げましたよ、退職願。

で、看護部に提出に行きました。 事はスムーズに進むかと思っていたのに…


看護部長: 「申し訳ないんだけど、この退職届けは受けられません。

     

   あなた、この病院に来た時から印象強かったけど、本当おもしろいことするわね~。


  なんで、こうしようとおもったの? これは、おもしろいから記念にとっておくけどさ!」





          はて??



       私が持って行った退職届けとは…



e0133203_10241433.jpg



白い便せん、封筒に筆ペン。(これは練習したものですが)


やっぱり何かがおかしいと思ったのに、先輩に聞いたら手書きだと言うので、その通りにしました。今の時代に手書きで退職願を書くなんて、聞いたことがないけど、昔ながらのやり方を変えない病院なのかと思いました。

こらぁ~悪ふざけがすぎますよ~(笑)


先日には循環器カテ室チームで送別会を開いてくれました。 

Drや放射線技師、ME部、救急部ナース、研修医の他、特別参加で麻酔科Dr、消内Drなど総勢30名を超える、盛大な送別会でした。 Yちゃん、ありがとう♪

色々な贈り物も頂きまして…


e0133203_10373298.jpg



なぜかガチャピンの着ぐるみにお酒など、普段の私の働きっぷりがこの贈り物で想像つくかと思います(笑)

これからもまだ送別会の機会が多いから、というわけで、やさしい同僚からの贈り物は…


e0133203_1040996.jpg




育てるウコン(笑)  


とても働きやすい職場環境で、本当に楽しかったです♪ ありがとう!!
[PR]

by ahiahi3 | 2010-08-29 10:42 | 仕事  

七夕

今日は北海道でいう七夕ですが、病院にも短冊が掛けれる笹が飾られています。
これは毎年、正面玄関前に飾られているようで、職員、患者さん、家族問わず誰でも短冊に願い事を書いて飾っていいようです。  
去年、何気なくその笹の横を通りすがり、見えた短冊に衝撃の願い事が!!




ウエストのくびれができますように!


あまりの面白さに写真を撮らなかったことをとっても後悔しています。

今年もオモシロ短冊をさがすと…

「奥さんが優しくなりますように。」
「上司と上手く仕事ができますように。」

って、みんな職員でしょ~~!(笑)

なので私も願い事を★






e0133203_1116671.jpg




音域の狭さが音痴の原因だと悟った33歳ですが、それが何か?




と思ったら、今日で七夕は終わりでした。残念。
[PR]

by ahiahi3 | 2010-08-07 23:35 | 仕事  

一応ですが…

久しぶりの看護師ネタですが、タイトル通りに一応、看護師続けてます・・・・。


こんな看護師がいたら、嫌だな~。 心臓カテーテル室ナース編。


狭心症や心筋梗塞の患者さんの検査や治療に携わっている心臓カテーテル室は実に重々しい雰囲気です。

患者さんは意識がある中での治療なので、周りの状況も見えるし、その重々しい緊張を緩和させるのもカテ室ナースの役目と思われます。

冠動脈にステントを入れる時に風船のようなもので膨らますので、胸痛発作のようなものが起こってしまいます。 

その時にびっくりしてしまわないように、あらかじめ説明をしておきます。


「風船が膨らむので、少し胸が苦しくなりますよ。」


が、いつもの決まり文句ですが、その日に限って・・・・








「風船が膨らんで、胸が膨らみますよ。」  yo-yo-yo!


なんだか説明の順番を間違えたみたい(笑)
「胸は膨らまないかな・・・」と医師より真顔で注意を受けました(涙) そんなこと知ってるyo!



カテ室での治療は結構、時間がかかるので夜の7時、8時になってしまうこともしばしばあります。

もちろん先生方も他スタッフも休憩なく働いているわけです。

そんな中、ある患者さんが、

「みなさん、こんな遅くまで働いて食事も取ってないんですよね。 本当にご苦労様です。」と、労いの言葉をかけてくださいました。

医師:「食事を取らないのも、いつものことなんで慣れてますし、大丈夫なんですよ。」


と言ってる最中に・・・




看護師: キュルルルル~~ッ   しかも音がでかい。



ハングリーサイン… なぜにこのタイミングで・・・?  カテ室ナースに笑いの神はいらないyo!
[PR]

by ahiahi3 | 2010-06-28 21:08 | 仕事  

えいご ふぉびあ

最近、不思議と病院で英語を話す機会が多いです。
インフルエンザの予防接種に来る外国人、検査を受けに来る外国人、治療を受けている外国人、旅行中に体調が悪くなった外国人など。

受け付けを外国人が通った瞬間に、受け付けのお姉さんが私に「外国人が来ました~」と伝えにくると言うのが出来上がってしまっています。 

職場の人に 「どうして英語が話せるの?」 と興味を持たれるのは有難いけど、私は医療用の英語を学んだことは一度もないし、専門的なことを話していると見せかけて実は・・・・・

おもいっきり 雑談 してます~(笑)

そんなある日のこと。 受け付けの人から呼ばれて行ってみると、そこには日本語が全く通じないモンゴル人。

モンゴル語・・・・・・ 1つも分からない・・・・・・・さて、どうしましょ。



と、「 Hi, My name is サラマンデス(仮名). Nice to meet you.」  スラスラ~っと英語。  何やら彼はイギリスに長年留学していたそうで、日本語を話せない代わりに、英語が話せるのでした。

とりあえずは受診の手続きをし、診察に呼ばれるまで待合室で待っていることを伝えました。  
診察室の担当看護師にもモンゴル人で英語しか話せないこと、診察室の前で待っているから順番が来たら案内をお願いします、と伝え私はお昼の休憩に入りました。


その休憩中に起こった出来事です。 サラマンデスさんの順番が来たため、担当看護師が呼びに行ったそうです。 しかし、そこには彼の姿は見当たらず。  看護師が二人がかりで外来中を探したそうです。

そこで、ようやくそれらしき人を見つけて・・・・・・・



「あーゆー さらまんです?」



英語で聞いたそうです。



サラマンデスさん: 「?????????  えっ?」 



よく見ると、彼が持っていた整理券には 「オカムラ(仮名)」と記されています。  


完全に見た目で判断した看護師2名(笑)
オカムラさんはエキゾチックな 東南アジア系の 顔だちをした、100%ジャパニーズ。


e0133203_21492888.jpg





一方の本物のサラマンデスさんは、オカムラさんのすぐ後ろにいたそうです。 どこから、どうみても日本人と見分けがつかないほどです。


オカムラさんはとっても良い方だったそうで、大事にはならなかったそうですが、私も後でオカムラさんを見た時、噴きだしそうになりました。 本当、ごめんなさい。 ニホンジンニ ミエナイ アルヨ~(笑)


英語になると妙なテンションになる気持ち、とっても理解できます!
[PR]

by ahiahi3 | 2009-11-03 15:40 | 仕事  

フレッシュマン

4月になると新しいスタッフが入ってきたりと、どこの職場も新鮮な雰囲気になりますね。
去年の今頃は私も、ある意味そんな感じだったのかな~・・・。
初心を忘れがちなところへ新しいスタッフが入ってきて、基本に返るいい時期かもしれません。


とある午後、心臓カテーテル中に患者さんが突然の不整脈を起こしてしまいました。
緊急を要している状態で、すぐにカウンターショック(徐細動器)を準備。
その場にいた医師たちは全員、ガウンを着ているため研修医君が徐細動をかける係に任命されました。

上の医師の指示のもと、私が300Jまで合わせチャージ。  研修医君が患者さんの胸にパドルを当てます。
あとはボタンを押すだけ! と思いきや・・・・・・・・


突然、指差し確認をしながら、


「私、よしっ! あなた、よしっ! みなさん、ベッドから離れてください~~~っっ!」  ばんっ!

          @_@


そ、そのセリフはどこかで聞いたことのあるような・・・・(笑)   

4月に入ったばかりの研修医君。 緊急の場では焦ってしまうことが多いけれど、研修どおりに実践できて将来は大物になる予感がしました。 
にしても、笑いを堪えるのが必死で腹筋が痛くなった~~(笑) 他スタッフも咳払いでごまかしていのは見逃してませんよ!

ちなみに患者さんは元気になって退院されました★
 

新しい人が入ってくるのは、フレッシュなネタも増えるのでいいことかもしれません!
[PR]

by ahiahi3 | 2009-06-08 21:34 | 仕事  

マニュアル

どこの企業でも今どきはマニュアルってものが必ずあるもので、もちろん病院にも職員用マニュアルがあるわけです。

この前、放射線技師さんのためのマニュアルをパラパラ~と読んでみました。
その中で、「外国人の患者さんがレントゲンを撮りに来たときの対応編」を発見!  なになに、興味深いので真剣に読んでみると・・・・・ カタカナで書かれています。

その1: テイク オフ ユア クローズ。(服を脱いでください)

その2: ドント ムーブ!(動かないでください) @_@

その3: ディープ ブレス!(深く息を吸ってください) 

その4: ストップ ブレス!!(息を止めてください)



ここは刑務所なのか? と、思うこと間違いなし。 なぜに命令形? しかも、恐らく通じなさそう(笑)
ガクガクブルブルだよ@_@

恐ろしいものを目にしてしまったな~・・・・これは見なかったことにしよう・・・と閉じかけた瞬間に、放射線技師さんに 「何か気になるような文章はありますか?」と声をかけられました。

すべてが気になりすぎて、困っています・・・・。が、 まずは、「プリーズをつけたほうが良いと思います・・・。」 と、言ってみました。
どうやってマニュアルが作られたのか、興味深いすぎです。
[PR]

by ahiahi3 | 2009-02-18 23:07 | 仕事  

新ダイエット法

突然ですが、仕事中はこんな姿で働いています。

e0133203_10171352.jpg


白衣の天使・・・というイメージからはかけ離れた、あずき天使? 
この上に割烹着を着ることもあり、知らない人が見たら、おそらく給食のおばさんだと思われていること間違いなしです。

考えてみれば、普通の白衣のスカートを着て仕事をしたことがない私。 ちょっと憧れかも。

心カテ室という、人目に触れない部屋にこもっているので問題はないんですが、こんなあずき色の作業着でもメリットはあります。

心臓カテーテル検査に入る時には、放射線の被曝を受けないようにプロテクターという鉛のエプロンのようなものを着ます。
これが重いのなんのって、プロテクターを着て3時間ほど立ちっぱなしでいたら、きっと1cmは身長が縮んでいる気がしてなりません。

そんなプロテクターなので、検査が終わった時には汗だく。   この生活を始めて約半年間が経ちましたが、久々に体重を計ってみて驚き!
なんとカテ室に入ってから体重が5kgも落ちてました。

これぞ、まさにプロテクターダイエット! 最近ではあえて、ベストタイプのさらに重たいプロテクターを着て仕事をしている私です。

限られた人にしか出来ないダイエット法ですが、私の今の一押しです。
[PR]

by ahiahi3 | 2008-11-01 10:50 | 仕事  

数年ぶりの再会

今の病院で働き始めてから5カ月が経ちました。 

初めての土地で初めての病院、もちろん知っている人もいないわけです。

のはずが・・・・・病院内を歩いていると、「あの人どこかで見たことあるな~」





   ああ~~~~っっっ!!! なんで?


以前、働いていた病院の人に再会しました。 実に7年ぶり!

当時、私がICUで働いていた時には研修医だった・・・・・ けど、いつのまにか経験年数は越されています(笑)  いやいや、立派になりましたね~。 研修医の時の記憶しかないもので。

というわけで、何はともあれ7年ぶりの再会を祝して食事に行ってきました。(連れて行ってもらいました) 
他にも前の病院つながりの女医さんと同僚。 世の中、本当にせまいものです。


そして選んでくれたお店には、こんな動物がいました。 

e0133203_18134960.jpg


ペンギン! 北海道は寒いから住みやすいのかな?
[PR]

by ahiahi3 | 2008-08-31 06:41 | 仕事  

複雑な日本語

各病院によって、方針や理念は違うと思いますが、今時どこの病院へ行っても、そこのスタッフの対応は素晴らしいと感じます。
これは病院に限らず、サービス業全般に言えることですが、コンビニ・マクドナルド・デパート・レストラン・・・どこへ行っても対応が素晴らしい!

チップ制度がなくたって、こんなに素晴らしい対応ができる、客は神様の日本のサービス精神を見てもらいたいと思うほど。

で、もちろん今働いている病院も接遇には気を使っているわけで、そんな細かいところまでマニュアルがあるのか~!と思うほど。
外来の採血の時には、
「アルコール消毒で皮膚が赤くなるようなことはございませんか?」
「指先のしびれはございませんか?」
「気分はお変わりございませんか?」
 
などなど。 


普段はもちろん、こんな丁寧な言葉を使うわけもなく、この3年間は間違いなく使っていたわけもなく、正直いって難しい!!苦労しているんです。 
「ございませんか?」 って、普段使う言葉ではございませんね(笑)

カテ室では緊迫している空気が患者さんにも伝わってしまうので、なるべく多く声を掛けたり話しかけたりしています。
部屋が寒いと体に力が入ってしまうので、部屋の温度調整も大切な仕事です。

というわけで毎回、患者さんに部屋は寒すぎないか?を確認しています。

最近、ちょっとこの言葉遣いにもなれつつ油断をしていた、あるカテの日。


  

   「○○さん、お部屋は寒くはござらぬ、ですか?」

  

やってもうた・・・。 あえて、言い直すほどではない微妙な間違え。 でも誰も突っ込んでくれない微妙な空気。  
 
とある病院の一室で起きた出来事でした。

e0133203_21571518.jpg


その後、同僚がガラス越しにメモを貼り付けてくれました。




         「拙者は寒くはござらぬよ!」

   ありがと~~!
[PR]

by ahiahi3 | 2008-06-23 22:03 | 仕事